全国スルガ銀行収益物件被害者弁護団連絡協議会

・全ての弁護士さんとの情報共有を目的とします。
・月一程度ZOOM等で情報交換を行います。

<今後発生するであろう調停結果の対応協議>

・民事調停で和解したが、賠償金額が不充分なため経営維持できない。
・民事調停不調で民事訴訟に臨むが敗訴
・調査の結果、赤字とならず経営維持がぎりぎり、もしくは若干の赤字
・調査の結果、現在は赤字ではないが、早晩に経営危機となる可能性
・任意売却もしくは代物弁済しか方法がない場合 等

お問い合わせ

 

 

民事調停の進め方

 

スルガ銀行第三者委員会 報告書内容
(具体的不正行為)

収益物件運営支援団体

    • 主管団体:内閣府認証NPO法人 日本住宅性能検査協会
  • NPO法人 住宅ロ-ン問題支援ネット
  • 一般社団法人 日本建築まちづくり適正支援機構
  • 一般社団法人 日本民泊適正推進機構
  • 一般社団法人 全国空き家流通促進機構
  • 一般社団法人 日本敷金診断士協会
  • 一般社団法人 相続財産再鑑定協会
  • 一般社団法人 四十万未来研究所
  • 一般社団法人 日本不動産取引適正評価機構(JAO)
  • 株式会社LIVMO
  • 株式会社ホッとスペース東京
  • 株式会社家フリマ

 

事前相談会

令和3年4・5月予定(申込フォームに希望日時を入れて下さい。折り返しご連絡致します)

  • 第24回 2021年4月 8日(木)19:00~20:00

  • 第25回 2021年4月15日(木)19:00~20:00

  • 第26回 2021年4月22日(木)19:00~20:00 

  • 第27回 2021年5月   6日(木)19:00~20:00

  • 第28回 2021年5月11日(火)19:00~20:00

  • 第29回 2021年5月20日(木)19:00~20:00 

  • 第30回 2021年5月27日(木)19:00~20:00

定員:4名

費用:無料

時間:19時~20時を予定

※上記日程で都合がつかない場合は下記に直接お電話ください。

弁護団事務局(090-2223-6598服部)

 

相談会(民事調停・運営相談等)会場

スルガ銀行・収益不動産被害者弁護団事務局(別室)も兼ねています。

東京都中央区日本橋堀留町1-11-4 第二吉泉ビル5F
03(3524)7275

 

弁護団相談会

■対象物件

1棟物収益物件

 

■内容

  • 民事調停「損害賠償請求調停事件」について
  • 代物弁済・一部元本カット(事業再建)について
  • シェアハウス事案における東京地方裁判所の調停委員会の調停勧告「定型的な不法行為」とは
  • 個別具体的な不法行為とは(個別事案で説明)
  • 立証責任について(具体的事例)
  • 民事調停に向けての準備-「調査報告書」「事業再生計画書」「建物調査報告書」について

 

■相談員

主任弁護士 朝野哲朗(朝野法律事務所)

主任弁護士 西牧佑介 (アクセスライツ法律事務所

主任弁護士 山根 真(弁護士法人トラスティル法律事務所

■定員

4名

 

■費用

無料

 

■相談日

適宜対応

 

■事務局

スルガ銀行・収益不動産被害者弁護団事務局

朝野法律事務所 内 (〒104-0061 東京都中央区銀座6-12-2 東京銀座ビル201)

スルガ銀行・収益不動産被害者弁護団事務局(別室)

東京都中央区日本橋堀留町1-11-4 第二吉泉ビル5F

 

相談会の申し込みはこちら
弁護団相談会は事前相談会終了後にご案内します

 

スルガ銀行融資不動産被害者交流会(SYK)

設立趣旨

スルガ銀行融資不動産被害者交流会(SYK)は金融庁行政処分で指摘された不正・不法行為により被害を被られた民事調停申立人により設立されました。交流会(SYK))は、支援活動を行う団体及び法人間の連携と相互協力を通じて、社会全体の被害者支援意識の高揚を図り、もって被害者等の被害の回復と軽減に資することを目的とします。

 

■活動内容

  • スルガ銀行にコンプライアンス重視の要請 (機会の平等・結果の平等の原則)
  • 立法府・行政(金融庁)への陳情
  • 被害者同士の情報共有を図る
  • 勉強会・セミナーの開催

■加入資格

  • スルガ銀行不法行為被害者

■入会費無料

SYKについて